【中国から伝わった除災招福の石碑/石敢当】|沖縄旅行なら名鉄観光

旅行情報サイトマップ
 
格安な旅行ツアーの名鉄観光 > 沖縄旅行・観光 > ちょっぴり情報 > 【中国から伝わった除災招福の石碑/石敢当】

【中国から伝わった除災招福の石碑/石敢当】
更新日時:2009年12月 4日 13:53
【中国から伝わった除災招福の石碑/石敢当】

「沖縄」と聞いて、まず頭に浮かぶのは青い海と青い空。そして守り神の「シーサー」です。また沖縄ではシーサーと同じように、不思議な石碑をいたる箇所で見ることができます。その石碑は「石敢当」(いしがんどう)と呼ばれ、中国から伝わった除災招福の石碑です。沖縄では『邪悪なものは家の中へまっすぐ飛び込んでくる』という言い伝えがあるため、石敢当をT字路の突き当たりや道の曲がったところに建て、邪をはね返すとされているのです。高さ1m以下のものが多く、石や板、コンクリート製のものや自然の石にそのまま字を刻んだものなど材質はさまざまです。
石敢当は、石にように強く勇敢に敵に当たるという意味の架空の人物だと言われています。伝説では、妖怪を退治した石敢当という勇敢な若者だという説もあります。いずれにしても、その「石敢当」という名前が縁起が良いとされ、石に対する信仰と結びつき、災厄を除くために石碑に刻んで、家の門の前や街の入口に建てたもののようです。
石敢当は、琉球人が薩摩藩に土地を借り、建物と一緒に石敢当を建てたことから日本全国に広まり、沖縄から鹿児島、されにはわずかですが東京、大阪、京都、青森でも見ることができるようです。現在では、厄除けのお土産として求め、本土へ持ち帰る人も増えているようです。
私は竹富島へ訪れた際に、この石敢当を沢山見かけました。お土産屋さんにも石敢当をモチーフにした小さな置物などが売られていたので、厄除けとして持ち帰るのにも便利です。是非、一家におひとついかがでしょうか。

沖縄観光といえばココ!
那覇エリア ■那覇エリア
那覇の見どころ、食いどころ、遊びどころ!
北部エリア ■北部エリア
沖縄の海・花・魚達に会えるのはここ!海洋博公園と美ら海水族館
中部エリア ■中部エリア
沖縄で今が旬なエリア、北谷(ちゃたん)を徹底レポート
西海岸エリア ■西海岸エリア
ダイビング、海水浴、マリン
スポーツを存分に楽しめる!
北海道旅行 石垣島旅行・ツアー プレミアム石垣島 関西旅行 関西旅行

北海道から沖縄まで格安旅行は名鉄観光ホームページをご利用下さい。
お得なツアーがきっと見つかります。

沖縄旅行カテゴリ

最新の記事(5件)
格安旅行&格安ツアー 沖縄旅行・観光 沖縄離島特集 沖縄ダイビング