宮古島 ダイビング

宮古島は、1年を通してダイビングができる、常夏の島。島を取り囲む海は、沖縄の中でも最高クラス。”幻の大陸”八重干瀬や、複雑な地形を愉しむダイビングスタイルも人気。サンゴ礁、熱帯魚やウミガメなど、海中の楽園が目の前に広がります。透明度の高い至極の海の中から見上げれば、水面に揺らめく太陽。大きな岩の合間から振り注ぐ光が、海に蒼い道筋を描きます。 宮古島のダイビングは、最上級。

一度は行っておきたい宮古島の3大ポイント

伊良部島・下地島・八重干瀬ポイント

ダイバーズリゾート マリンロッジ・マレア

真っ暗なトンネルを抜けると上から一条の光が差し込み、時間がたつのを忘れるほどとても幻想的なスポット。 上級者向けのポイント。

外洋から大きなアーチをくぐっていくと、海水と淡水が混ざって、ブルーからエメラルドグリーンに水の色が変わっていく様子が神秘的。

スペインの建築家、ガウディの有機的な作品に喩えられる複雑な地形と、穴の中から見る蒼と黒のコントラストがとても美しいスポット。

岩の間から降り注ぐ光が美しい

池に浮上すると、観光客の喝采を浴びることも

見る角度によって、様々な形に見える複雑な地形、

久し振りのダイビングも専用プールのあるマレアなら、着いたらリフレッシュの安心ダイビング!PADIコースディレクター常駐であなたの安全とスキルを保証。とことん楽しめる安全ダイビング!海は目の前、ダイビング後は大浴場で疲れた体をリフレッシュ。心の底から快適ダイビング!今までの常識を覆すダイビング総合ステーションそれがダイバーズリゾートです。

〒906-0305
沖縄県宮古島市下地字与那覇847-3
TEL:0980-76-3850
FAX:0980-76-3852
営業時間:8:00〜21:00(フロント)
定休日:年中無休

マリンロッジ・マレアに泊まる、おすすめダイビングツアーはこちら

20m×15m×3mプールを持つマレアなら、海にもっとも近い環境で到着日から気楽にリフレッシュダイビングが可能です。

目の前は青い海と白い砂浜、まわりは緑に囲まれ、お部屋からの眺めも抜群。ダイビングで疲れた身体を癒す、癒しの空間です。

ダイビングを楽しんだ後はバーベキューでさらに仲間の輪が広がること間違いなし!満点の星空の元で、楽しく食事タイム。

レストラン
宮古島の味覚も楽しめるレストランは、毎日2食、あたたかいご飯が召し上がれます。基本がバイキング形式なので、おなかいっぱいになるまで食べ放題です。

屋内エアチャージ室
大型コンプレッサー2基設置、スクーバダイビングのタンクを短時間で充填できます。

器材洗い場
3つの水槽と、100名分干せる広い洗い場。大事なダイビング器材をしっかり洗えます。

大浴場
海水浴やダイビングの後、ゆったり足が伸ばせる大浴場。
疲れた体をリフレッシュすることができます。

1D:10,000円/2D:14,000円/3D:19,000円
※ボートダイブの場合※Cカード取得者のみ対象

ホテル出発
出港
1st dive エントリー
ポイント移動
2nd dive エントリー
昼食 (ボート上で昼食)
ポイント移動
3rd dive エントリー
帰港
ホテル帰着
ログ付け

Cカードを未取得でも、マリンスポーツを体験したい!
という方にお勧めです。

ビーチ体験ダイビング
穏やかで足の着く浅い場所からスタートするのでダイビングが初めての方でも安心
1D:12,000円/2D:16,000円
ボート体験ダイビング
ダイビング専用艇「Crystal」に乗って、水深10mくらいの場所でダイビング
1D:14,000円/2D:19,000円
プール体験ダイビング
8歳から参加可能です。
お子様と一緒に水中で遊んでみませんか?
1D:6,000円
体験シーカヤック&シュノーケリング
シーカヤックに乗って奇麗なサンゴの上までのんびり海の散歩。そこからカヤックをとめてシュノーケルを開始!マレア一押しの人気アクティビティです。
11,000円

「八重干瀬」は、池間島の北15kmのあたりに広がる、日本最大級のサンゴ礁群。
100以上のサンゴ礁からなり、隠れている部分も含めれば、宮古島の3分の1にも匹敵する面積となります。
普段は海中に沈んでいますが、大潮の時には海上にその姿を現します。
特に春から夏にかけて、干出面積が最大となり、サンゴ礁が大陸にも見えることから、
「幻の大陸」と呼ばれることもあります。
豊富なサンゴ礁が、豊かな海中の楽園を育み、シュノーケリングでも十分に、
宮古島の美しい海中世界を見ることができます。
サンゴ礁にはそれぞれ、身体の部位や人名が付けられています。

もっとも干満差の著しい旧暦3月3日に例年行われてきた「サニツ」(浜下り)という行事に代わり、近年では「八重干瀬まつり」というイベントとして観光客らに開放している。


ページトップへ戻る