【沖縄の健康食材/くるざーたー(黒砂糖)】|沖縄旅行なら名鉄観光

旅行情報サイトマップ
 
格安な旅行ツアーの名鉄観光 > 沖縄旅行・観光 > ちょっぴり情報 > 【沖縄の健康食材/くるざーたー(黒砂糖)】

【沖縄の健康食材/くるざーたー(黒砂糖)】
更新日時:2009年12月21日 09:48
【沖縄の健康食材/くるざーたー(黒砂糖)】

沖縄の黒くて甘いお砂糖と言えば、「黒糖」です。黒糖は中国から製造法が伝わり、沖縄では昔から身近な食材として人々に親しまれてきました。さとうきびの搾り汁を精製せずにそのまま煮詰めたもので、ビタミン、ミネラルを豊富に含んでいる、長寿の郷の技と知恵が生んだ健康パワーなのです。黒糖には、エネルギー源としての蔗糖をはじめカルシウム、カリウム、鉄分などにミネラルやビタミン類が多く含まれています。これらの成分は、虫歯の予防や、ストレスへの抵抗性、コレステロールや中性脂肪の低下、寿命の延長などに効果があることが最近の研究であきらかにされています。凄いパワーを秘めた黒糖には、私たちの健康を増進する生活活性物質が含まれ、予防医学の面からも大変貴重なアルカリ性健康食品となっています。白砂糖と比べてショ糖含量が低く、カロリーも少し低めです。黒砂糖も白砂糖もどちらもさとうきびを原料とした砂糖ですが、白砂糖は精製するときにミネラルやビタミンが失われてしまいます。最近では、黒糖の黒い部分に含まれるフェニルグルコシドや、さとうきびの表皮にあるワックス成分のオクタコサノール、ラフィノースという成分が注目されています。また黒糖はブドウ糖と黒糖の2種類という単純構造のため、食べると数分で呼吸・消化されるので、疲労回復に最適です。肉体疲労や、脳の活性化にもとても良いのです。そして、黒糖は白糖に比べ、インシュリンを急激に増加させないため、血糖値の急上昇を防ぎ、空腹感を抑える働きもあるようです。また、黒糖の黒い部分に含まれるフェニルグルコシドには糖の吸収を抑制する働きがあると言われているので、ダイエット中の方にも嬉しいです。沖縄では、お茶うけとしても食べられますが、今日からお料理に黒糖を使用してみてはいかがでしょうか。お料理に使うなら粉タイプのものが使いやすいですが、かたまりも削って使うことができます。煮物を作るときに、いつものお砂糖の代わりに黒糖を使ってみると、コクがでます。特に豚肉との相性が良いようです。醤油や酢とも相性が良いので、ドレッシングや酢の物に使っても良いですね。アイデアで、上手に黒糖を取り入れて美容と健康に役立ててくださいね。

沖縄観光といえばココ!
那覇エリア ■那覇エリア
那覇の見どころ、食いどころ、遊びどころ!
北部エリア ■北部エリア
沖縄の海・花・魚達に会えるのはここ!海洋博公園と美ら海水族館
中部エリア ■中部エリア
沖縄で今が旬なエリア、北谷(ちゃたん)を徹底レポート
西海岸エリア ■西海岸エリア
ダイビング、海水浴、マリン
スポーツを存分に楽しめる!
北海道旅行 石垣島旅行・ツアー プレミアム石垣島 関西旅行 関西旅行

北海道から沖縄まで格安旅行は名鉄観光ホームページをご利用下さい。
お得なツアーがきっと見つかります。

沖縄旅行カテゴリ

最新の記事(5件)
格安旅行&格安ツアー 沖縄旅行・観光 沖縄離島特集 沖縄ダイビング