【島マースをたどって...。】|沖縄旅行なら名鉄観光

旅行情報サイトマップ
 

【島マースをたどって...。】
更新日時:2010年8月 3日 22:48
【島マースをたどって...。】

暑い夏は水分補給と一緒に塩分補給も必要となります。建築会社の方などは、夏場は塩こんぶなどをしゃぶりながらお仕事されるようです。そんな人間にとってとても大切な「お塩」。
沖縄では古くから塩づくりが行われ、料理にはもちろん、魔除けとして持ち歩く習慣もあり、日常的に島の塩(島マース)に親しんできました。サンゴ礁など生き物の宝庫ともいえる南の海はマグネシウムやカリウムなどのミネラルを豊富に含み、その成分は塩づくりの過程で凝縮されていきます。煮詰めることでまろやかさが加わり、料理の味を引き立て,
在では健康食として全国から注目を集め、県内のさまざまな地域の島マースが販売されています。全国的に知られる天然塩「ぬちまーす」の製造元である〝観光製塩ファクトリーぬちうなー〟では、海水から塩の結晶が出来るまでの工程を見学することもできます。海中道路の先の宮城島にあり、塩の原料となる海水は島の太平洋側から汲みあげているようです。工場では「常温瞬間空中結晶」という方法で塩が製造され、見学窓からは見ることが出来る、製塩風景はまるで雪景色のようです♪
また、読谷村にある塩のテーマパーク、「Gala青い海」では、製塩風景の見学のほか、塩づくりを体験することも出来ます。国内初の風力と太陽光を用い、海水の塩分を濃縮する施設があります。海水は目の前の海から直接取り入れたものを使用。濃縮した海水を炭火でじっくりと煮詰め、袋詰めするまでの工程を見学したり、塩づくり体験1500円も楽しめます。やちむんや琉球ガラスの工房、レストラン、ショップも併設され、オリジナルの島マースを作るのは、良い思いでになりそうですね♪
是非、沖縄へ行かれた際には、島マースにも注目してみて下さいね☆

スカイマークで行く! 【ホテル日航アリビラ】に泊まる 読谷の休日 お得なプランはこちら


沖縄観光といえばココ!
那覇エリア ■那覇エリア
那覇の見どころ、食いどころ、遊びどころ!
北部エリア ■北部エリア
沖縄の海・花・魚達に会えるのはここ!海洋博公園と美ら海水族館
中部エリア ■中部エリア
沖縄で今が旬なエリア、北谷(ちゃたん)を徹底レポート
西海岸エリア ■西海岸エリア
ダイビング、海水浴、マリン
スポーツを存分に楽しめる!
北海道旅行 石垣島旅行・ツアー プレミアム石垣島 関西旅行 関西旅行

北海道から沖縄まで格安旅行は名鉄観光ホームページをご利用下さい。
お得なツアーがきっと見つかります。

沖縄旅行カテゴリ

最新の記事(5件)
格安旅行&格安ツアー 沖縄旅行・観光 沖縄離島特集 沖縄ダイビング