【鮮やかな色彩が奏でる「琉球ガラス」】|沖縄旅行なら名鉄観光

旅行情報サイトマップ
 
格安な旅行ツアーの名鉄観光 > 沖縄旅行・観光 > ちょっぴり情報 > 【鮮やかな色彩が奏でる「琉球ガラス」】

【鮮やかな色彩が奏でる「琉球ガラス」】
更新日時:2011年2月 7日 16:45
【鮮やかな色彩が奏でる「琉球ガラス」】

本日は、鮮やかな色彩と味わいのある質感で沖縄の代表的な工芸品になっている、琉球ガラスについてご紹介させて頂きたいと思います。
琉球ガラスは、吹きガラス工芸で、〝宙吹き法〟〝型吹き法〟によって4~5人のグループで製作される手作りガラス。沖縄での吹きガラス製造は、明治時代に長崎や大阪からやってきたガラス職人によって伝えられ、薬瓶やランプのホヤ等の生活用品が作られたのが始まりとされています。
戦後に駐留米軍が使用したコーラやビールの色つきガラス瓶を再生して、彼ら向けにガラスを作っていた歴史を背景に、本来ならば不良品扱いとなっていた〝気泡〟や〝厚み〟も、アメリカナイズされた「一風変わった素朴なデザイン」として活かされ、そこから沖縄独自のガラス文化が誕生しました。
現在の琉球ガラスは、原料や技法も格段に進化を遂げ、平成10年には沖縄県の伝統工芸品として認定されました。沖縄を代表する伝統工芸品、また、暮らしの中に溶け込む芸術品として、沖縄とともに日々発展し続けています。
この琉球ガラスを一堂に集めた施設が『琉球ガラス村』です。那覇空港より車で約40分。沖縄特有の広大なエメラルドグリーンの海を望む「喜屋武岬」と、沖縄戦を今に伝える「ひめゆりの塔」・「平和祈念公園」の間に位置しています。ガラスレットで覆われた建物の中にはショップやレストランがあり、職人の手によって作られた色とりどりの琉球ガラスが並んでいます。ガラスコップ制作体験教室などもあり、自分だけの世界に1つのオリジナル作品を作ることが出来ます。(体験教室は2日前までに予約が必要となりますので、体験ご希望の方はご注意下さい。)料金は1500円(送料別)、作業時間5分程度で出来てしまします。
沖縄本島の最南部・糸満市にある琉球ガラス村は、県内最大の手作りガラス工房。建物全体をガラスのタイル・かけらで埋め尽くしたガラス館で沖縄文化を満喫する旅はいかがでしょうか☆素敵な思い出になること間違いなしですよ♪

スカイマークで行く! ホンダのハイブリッド《インサイト》でエコドライブ♪ ホテル駐車場券付きでとってもお得! 【沖縄ワシントンホテル】ステイ お得なプランはこちら♪


沖縄観光といえばココ!
那覇エリア ■那覇エリア
那覇の見どころ、食いどころ、遊びどころ!
北部エリア ■北部エリア
沖縄の海・花・魚達に会えるのはここ!海洋博公園と美ら海水族館
中部エリア ■中部エリア
沖縄で今が旬なエリア、北谷(ちゃたん)を徹底レポート
西海岸エリア ■西海岸エリア
ダイビング、海水浴、マリン
スポーツを存分に楽しめる!
北海道旅行 石垣島旅行・ツアー プレミアム石垣島 関西旅行 関西旅行

北海道から沖縄まで格安旅行は名鉄観光ホームページをご利用下さい。
お得なツアーがきっと見つかります。

沖縄旅行カテゴリ

最新の記事(5件)
格安旅行&格安ツアー 沖縄旅行・観光 沖縄離島特集 沖縄ダイビング