【沖縄の風土を利用した芸術品】|沖縄旅行なら名鉄観光

旅行情報サイトマップ
 
格安な旅行ツアーの名鉄観光 > 沖縄旅行・観光 > ちょっぴり情報 > 【沖縄の風土を利用した芸術品】

【沖縄の風土を利用した芸術品】
更新日時:2009年9月24日 21:30
【沖縄の風土を利用した芸術品】
 
 
四方を海に囲まれた沖縄では、海外交易が昔から盛んに行われていました。
琉球の漆器は、14世紀~15世紀の頃から始まり、その芸術性が高く評価され、献上品や貿易品として最も喜ばれた品物の一つです。
 
中でも立体的な浮彫表現の「堆錦(ついきん)」技法は、中国の堆朱の技法からヒントを得て、沖縄独特の加飾法とし考案されたもので、他では見られない深い味わいを持っています。この堆錦だけではなく、その他にも様々な独自の加飾法も生み出され、螺鈿(らでん)、沈金(ちんきん)、蒔絵(まきえ)など琉球漆器の伝統は朱塗りと黒塗りのコントラストの美しさ、斬新さとあいまって、その華麗さは多くの人に今日も親しまれています。
 
ギラギラと照りつける太陽と強烈な紫外線、黒潮の北限で高温多湿の気候である沖縄は、琉球漆器の生産に不可欠な条件が整っていると言えます。漆を乾燥させる際、微妙な温度と湿度によって仕上がりに差が出てきます。沖縄の気候によって鮮明な朱色や漆の透明さが際立ちます。
 
また、黒潮の海域のみに生息する夜光貝や、豚の血と桐油、地底から採れる「クチャ」という土とを混ぜ合わせて作った下地が使われていること、デイゴ・シマタキの適材をしようしていることも琉球漆器の特徴です。
 
 
【沖縄都ホテル】利用の羽田発のツアー一覧はコチラ


沖縄観光といえばココ!
那覇エリア ■那覇エリア
那覇の見どころ、食いどころ、遊びどころ!
北部エリア ■北部エリア
沖縄の海・花・魚達に会えるのはここ!海洋博公園と美ら海水族館
中部エリア ■中部エリア
沖縄で今が旬なエリア、北谷(ちゃたん)を徹底レポート
西海岸エリア ■西海岸エリア
ダイビング、海水浴、マリン
スポーツを存分に楽しめる!
北海道旅行 石垣島旅行・ツアー プレミアム石垣島 関西旅行 関西旅行

北海道から沖縄まで格安旅行は名鉄観光ホームページをご利用下さい。
お得なツアーがきっと見つかります。

沖縄旅行カテゴリ

最新の記事(5件)
格安旅行&格安ツアー 沖縄旅行・観光 沖縄離島特集 沖縄ダイビング