【織り手の温かさが伝わる可憐で素朴な布】|沖縄旅行なら名鉄観光

旅行情報サイトマップ
 
格安な旅行ツアーの名鉄観光 > 沖縄旅行・観光 > ちょっぴり情報 > 【織り手の温かさが伝わる可憐で素朴な布】

【織り手の温かさが伝わる可憐で素朴な布】
更新日時:2009年9月25日 17:49
【織り手の温かさが伝わる可憐で素朴な布】
 
 
沖縄の数ある民芸品の一つ『読谷山花織(よみたんざんはなおり、ゆんたんざはなうい)』は、可憐で細やかな花模様を色糸で浮かせ、これに絣の風合いをあしらった南国情緒あふれる織物です。花織独特のデザインから南方から渡って来たものと考えられていますが、その時期はハッキリしていません。読谷は琉球王国の時代、中国や東南アジアとの貿易の拠点として栄えました。異国の文化が次々と入ってくる中、ジャワから琉球王国への贈り物として、また琉球王国から朝鮮への贈り物として記録があることから、15世紀には生産されていたと見られます。当時は琉球王朝のための御用布として、読谷住民以外の一般の人々は着用できなかったと伝えられています。
 
模様には「綜絖花(そうこうはな)」「手花(てばな)」「絣」等があります。反物では「綜絖花」と「絣」、帯地と手巾(ていさじ)では「綜絖花」と「手花」と「絣」というように、製品によって模様の組み合わせが異なります。花織と呼ばれる織物は沖縄独特の織物です。特に手花で織られる手巾は、その昔は祈りの手巾とか、想いの手巾と呼ばれていました。家族の安全を祈ったり、自分の好きな人のために想いを込めて織り上げ、贈っていました。
 
一時は御用布に指定されて王府の保護を受けましたが、廃藩置県後の明治半ばから衰退し、とうとう幻の織物になってしまいました。その後、人々の努力により花織は息を吹き返し、織り手の数は少しずつ増えていきました。
 
 
【残波岬ロイヤルホテル】利用の羽田発のツアー一覧はコチラ


沖縄観光といえばココ!
那覇エリア ■那覇エリア
那覇の見どころ、食いどころ、遊びどころ!
北部エリア ■北部エリア
沖縄の海・花・魚達に会えるのはここ!海洋博公園と美ら海水族館
中部エリア ■中部エリア
沖縄で今が旬なエリア、北谷(ちゃたん)を徹底レポート
西海岸エリア ■西海岸エリア
ダイビング、海水浴、マリン
スポーツを存分に楽しめる!
北海道旅行 石垣島旅行・ツアー プレミアム石垣島 関西旅行 関西旅行

北海道から沖縄まで格安旅行は名鉄観光ホームページをご利用下さい。
お得なツアーがきっと見つかります。

沖縄旅行カテゴリ

最新の記事(5件)
格安旅行&格安ツアー 沖縄旅行・観光 沖縄離島特集 沖縄ダイビング