【ひとあしお咲き(さき)にお花見シーズン到来】|沖縄旅行なら名鉄観光

旅行情報サイトマップ
 
格安な旅行ツアーの名鉄観光 > 沖縄旅行・観光 > ちょっぴり情報 > 【ひとあしお咲き(さき)にお花見シーズン到来】

【ひとあしお咲き(さき)にお花見シーズン到来】
更新日時:2009年12月11日 17:50
【ひとあしお咲き(さき)にお花見シーズン到来】

桜のイメージは、東京に居る私にとって卒業・入学シーズンの春のイメージがとても強い植物です。
本土よりひと足早く、沖縄には1月中旬の桜の開花と共に春がやってきます。不思議なことに、沖縄の桜前線は北部地域から南下していきます。本当北部の本部町を皮切りに、今帰仁村、名護市、那覇市と咲いていき、北と南では約1ヶ月余り開花時期がずれています。北部・本部(本部)半島にある本部町では、1月中旬の寒緋桜(かんひざくら)の開花にあわせて、毎年桜まつりが行われます。標高453mの八重岳では、山すそから山頂まで約7000本のピンク色の桜が鮮やかに彩り、訪れる人の目を楽しませてくれます。標高453mの八重岳が、濃いピンクの寒緋桜に彩られるのはとても美しい光景です。緑の原生林と咲き誇る桜のコントラストがまたとてもきれいです。来年2010年の「八重岳桜まつり」は01月16日(土)から02月07日(日)まで開催されます。日本で一番早い桜祭りはいかがでしょうか。のんびりドライブはもちろん、じっくりお散歩しながら頂上まで桜を追いかけてみるのも良いですね。海も見渡せ、すがすがしい春の空気が美味しそうです。沖縄の春の到来をつげるお祭りを是非素肌で感じてみてください。沖縄で最後の桜が散り終わる頃には、石垣島などで海開きが始まります。また、本部桜まつりの時期は、すぐ近くの本部町伊豆味から旬のタンカン(沖縄のみかん)の甘酸っぱい香りが風に乗ってくるようです。お帰りの前に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


沖縄観光といえばココ!
那覇エリア ■那覇エリア
那覇の見どころ、食いどころ、遊びどころ!
北部エリア ■北部エリア
沖縄の海・花・魚達に会えるのはここ!海洋博公園と美ら海水族館
中部エリア ■中部エリア
沖縄で今が旬なエリア、北谷(ちゃたん)を徹底レポート
西海岸エリア ■西海岸エリア
ダイビング、海水浴、マリン
スポーツを存分に楽しめる!
北海道旅行 石垣島旅行・ツアー プレミアム石垣島 関西旅行 関西旅行

北海道から沖縄まで格安旅行は名鉄観光ホームページをご利用下さい。
お得なツアーがきっと見つかります。

沖縄旅行カテゴリ

最新の記事(5件)
格安旅行&格安ツアー 沖縄旅行・観光 沖縄離島特集 沖縄ダイビング